2008年01月25日

CMMIの進化

能力成熟度モデルがいろいろな業界の多くの組織で有用であることが証明されたが、複数のモデルを同時に適用するには、一貫性が無く、トレーニング、評定、および改善活動の面でコストが掛かるという問題があった。


そこで、SEIは、以下の3つのモデルを統合しCMMIを作成した。
・「ソウフトウェア能力成熟度モデル(SW-CMM)」V2.0 草案 C[SEI 1997b]
・「システムエンジニアリング能力モデル(SECM)」[EIA 1998]5
・「統合成果物開発能力成熟度モデル(IPD-CMM)」V0.98[SEI 1997a]

WS000001.JPG

posted by たくぼん at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | CMMI
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/9981920

この記事へのトラックバック