2008年02月04日

連続表現と段階表現の比較

連続表現段階表現
組織の事業目標にもっとも合致し、組織の中でリスクのある領域軽減するように、改善の順序を選定することについて、明示的に自由を与える。事前に定義された、実績のある改善経路を組織が持つことを可能にする。
ここのプロセス領域で達成された能力の可能性が増すことを可能にする。各成熟度レベルによって特徴付けられる特定の能力を組織に提供するような、一連のプロセスに焦点を合わせる。
種々のプロセスの改善を異なる速度で実施することを認める。プロセス改善の結果を、簡単な形、すなわち単一の成熟度レベルの数値を要約する。
より新しいアプローチを反映する。投資収益率(ROI)との関係を実証するデータはまだ無い。比較的長期の歴史がある使用経験を土台とする。経験には、投資収益率(ROI)を実証する事例研究とデータが含まれる。
posted by たくぼん at 05:23| Comment(0) | TrackBack(0) | CMMI
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10461896

この記事へのトラックバック