2008年03月17日

共通ゴールおよび共通プラクティス

連続表現ではすべての共通ゴールおよび共通プラクティスが使用される。
目標としている能力レベルによって選択したプロセス領域にどの共通ゴールおよび共通プラクティスが適用されるかが決定される。

段階表現では、共通ゴール2および3だけが使用される。
posted by たくぼん at 05:56| Comment(0) | TrackBack(0) | CMMI

プロセス領域およびそれらが関連づけられた区分と成熟度レベル

プロセス領域区分成熟度レベル
原因分析と解決(CAR)支援5
構成管理(CM)支援2
決定分析と解決(DAR)支援3
統合プロジェクト管理+IPPD(IPM+IPPD)プロジェクト管理3
測定と分析(MA)支援2
組織改革と展開(OID)プロセス管理5
組織プロセス定義+IPPD(OPD+IPPD)プロセス管理3
組織プロセス重視(OPF)プロセス管理3
組織プロセス実績(OPP)プロセス管理4
組織トレーニング(OT)プロセス管理3
成果物統合(PI)エンジニアリング3
プロジェクトの監視と制御(PMC)プロジェクト管理2
プロジェクト計画策定(PP)プロジェクト管理2
プロセスと成果物の品質保証(PPQA)支援2
定量的プロジェクト管理(QPM)プロジェクト管理4
要件開発(RD)エンジニアリング3
要件管理(REQM)エンジニアリング2
リスク管理(RSKM)プロジェクト管理3
供給者合意管理(SAM)プロジェクト管理2
技術解(TS)エンジニアリング3
妥当性確認(VAL)エンジニアリング3
検証(VER)エンジニアリング3
posted by たくぼん at 05:29| Comment(0) | TrackBack(0) | CMMI